お問い合わせ


HOME > 企業情報 > 2020のニュース

2020年10月23日

標的型攻撃メールに関するお詫びとお知らせ(最終)

2020年9月18日午前11時過ぎ、弊社社員を装った社外の差出人より標的型攻撃メールEmotet(エモテット)を受け取った社員のPCがコンピュータウイルスに感染したことが判明いたしました。 社内専門部署において速やかにウイルス感染したPCの隔離と駆除を行うとともに、影響調査を進めたところ、弊社社員になりすましたウイルスメールが社外に送信されている事実を確認いたしました。
弊社お客様、お取引先様ならびに関係者の皆様には、多大なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。
本件に関して、以下の通りご報告させていただきます。

【感染原因】

弊社PCの最初のウイルス感染は、取引先名を名乗る迷惑メールに添付されていた不正なファイルを開封したことにより発生したことが判明しております。弊社内の全てのPCは、ウイルス対策ソフトを適用してはおりますが、感染したPCの添付ファイルを開いた時点では、ウイルス対策ソフトが検知・隔離をできず、不正なプログラムが実行され、初期感染が発生したことを特定いたしました。

【被害範囲】

今回の事故における被害範囲は、社内のPC感染が36台となりました。ウイルス感染の事実をホームページ等で周知するとともに、ご連絡いただいたお客様、お取引先様他関係者の方々には、専門部署がお問い合わせの対応をさせていただきました。その結果、ご関係者の方々のウイルス感染被害等は現時点においては、確認されておりません。なお弊社内で感染したPCは速やかにウイルス駆除を実施し、現時点では全てのPCが復旧しております。

【コンピュータウイルスに対する今後の対応策】

コンピュータウイルスに関する詳細分析を実施するため、外部の専門機関とともに、追跡調査を実施し、今後もより巧妙に進化すると思われるコンピュータウイルス等のマルウエア(悪意あるソフトウエア)に対して、よりセキュリティリスクを低減するための対策を導入いたしました。10月23日現在において、不正に利用されたと推測される弊社の電子メールアカウント数は、計43個となっております。今後もしばらくの間は、弊社社員や部門名になりすました不審なメールが届く可能性もございますが、上記対策により、本件につきましては今後は収束の方向に向かうと考えております。

お客様、お取引様ならびに関係者の皆様には、多大なご迷惑とご心配をおかけいたしましたことを、重ねてお詫び申し上げます。


お問い合わせ先

  ●三協フロンテア株式会社 情報システム部 TEL:04-7133-7502(受付時間:平日9:00~17:00)

ページの先頭へ