スマートフォン向け表示
お問い合わせ


HOME > 購入検討サポート > オフィス備品のレイアウトプラン例

オフィス備品のレイアウトプラン例

主に事務所としてご利用される場合に役立つレイアウトのワンポイントアドバイスをご紹介します。
平面図を見ながら、机やイスなどを配置した室内を想像してみましょう。

レイアウトの基本ポイント

約7坪のオフィスレイアウト例(来客対応型)

約7坪の限られた広さにおいて、社員収容人数3名で、受付、打ち合わせ、キッチン、トイレ機能を配置したレイアウト例。

ワンポイント

  • (1)出入り口脇には、視界および通風の観点から窓を設ける方がいい。
  • (2)上記(1)の対面側の壁面に窓を設けると通風に有効。
  • (3)西側壁面には、西日による室内環境の悪化を考慮し、できる限り窓を設けないほうがいい。

約11坪のオフィスレイアウト例(来客対応型)

社員収容人数5名で、受付、打ち合わせ、キッチン、トイレ機能をバランスよく配置したレイアウト例。

ワンポイント

  • (1)出入り口脇には、視界および通風の観点から窓を設ける方がいい。
  • (2)上記(1)の対面側の壁面に窓を設けると通風に有効。
  • (3)西側壁面には、西日による室内環境の悪化を考慮し、できる限り窓を設けないほうがいい。
  • (4)社員導線に回遊性を持たせ、作業性を向上させます。
  • (5)「たまり場」となるスペースをもたせ、ゆとりある空間配置とした。

約15坪のオフィスレイアウト例(来客対応型)

社員収容人数5名で、来客部分の機能を充実させたレイアウト。スペースにも余裕を持たせた来客対応型。

ワンポイント

  • (1)出入り口脇には、視界および通風の観点から窓を設ける方がいい。
  • (2)上記(1)の対面側の壁面に窓を設けると通風に有効。
  • (3)西側壁面には、西日による室内環境の悪化を考慮し、できる限り窓を設けないほうがいい。
  • (4)社員とお客様の導線を明確に分ける。
  • (5)トイレの出入りが見えないように目隠しとなる間仕切り壁を配置。
  • (6)キッチンおよびトイレブースには、採光・通風の観点から窓を設ける方がよい。

スペースの確保

ワークデスクまわり

デスク背面タイプ

人が着席し作業を行う際の寸法 :400

人が椅子と壁の間を歩行する際の寸法 :800以上

必要寸法 :1200以上

デスク背面収納等タイプ

人が着席し作業を行う際の寸法 :400

人が椅子と壁の間を歩行する際の寸法 :1000以上

必要寸法 :1400以上

背面デスク背中合わせタイプ

人が着席し作業を行う際の寸法 :400×2

人が椅子と壁の間を歩行する際の寸法 :700以上

必要寸法 :1500以上

背面デスク同方向タイプ

人が着席し作業を行う際の寸法 :400

人が椅子と壁の間を歩行する際の寸法 :700以上

必要寸法 :1100以上

受付スペース

受付スペース(座位-立位)

人が立位で受付する際の寸法 :300
人が座位で受付する際の寸法 :400

打合せスペース

4名打合せスペース

人がデスクと壁の間を歩行する際の寸法 :800以上

6名打合せスペース

収納棚等で間仕切る場合
歩行頻度および棚の使用頻度より
デスク~収納間の寸法 :1100

応接スペース

4名ローテーブルタイプ

ローテーブル~椅子の必要寸法 :300

※ローテーブルの下に足を伸ばすことができない場合は
さらに広さが必要

会議スペース

2名掛け・3名掛け

中間通路の必要寸法 :600
デスク~デスクの間隔 :750
椅子左右の間隔 :600

通路幅

デスク間通路

人がデスクとデスクの間を歩行する際の寸法 :800以上

すれ違い(1)

一人が待機してすれ違える :1000以上

すれ違い(2)

スムーズにすれ違いができる :1350以上
Webからの資料請求・お問い合わせ Webからの資料請求・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください 0120-865-390 受付時間:平日9:00~17:00

ページの先頭へ

Copyright © 2009 Sankyo Frontier Co.,Ltd. All rights reserved.